いのっすブログ

使用してみたおすすめのグッズや情報を紹介します。

おすすめの扇風機!プラスマイナスゼロXQS-V110、6年使用レビュー

 2015年7月11日  

気がつけばアマゾンでこの扇風機を注文したのが2011年でした。今でもずっと愛用しています。実際にこの記事を書いている今現在も、私に涼風を送ってくれています。

プラスマイナスゼロのリビングファン「XQS-V110」の2016年モデルは、首振りの微妙な角度設定が出来るようになっています。私が使っているのは2011年モデルですが、基本的な機能はそのままですので、この扇風機を使ってみてのメリット・デメリットのレビューをお届けします。

機能

首振りはもちろん、オフタイマー(1.2.4時間後のいずれか)、オンタイマー(既定の時間に扇風機がつくようにセット出来る。2.4.6時間後のいずれか)約20cmの高さ調節が可能です。

ボタンの機能性も良くとても気に入っています。

扇風機のボタン写真
風量調節ボタンが一番右端なので、夜寝ている時でもわかりやすいです。

首振りボタンが扇風機の後ろではなく、全面にあるのもとても操作性が良いです。

微風がちゃんと弱い

実はこの扇風機に買い替えた一番の理由がこれです。以前は2500円くらいの安物扇風機を使っていたのですが、「弱」にしてもかなり強めの風でした。環境的に扇風機の位置を遠くして調節するわけにもいかず、寝る時などはもっと弱めの風が欲しかったんですね。

特に私は喉が弱い方なので、クーラーをつけっぱなしにして寝ると喉が痛くなる事が多いです。

そこで扇風機の登場なのですが、このプラスマイナスゼロの扇風機は、微風がちゃんと機能して弱いです。微風と普通の風とのリズム(繰り返し)にすると最も弱い時は、風が0.2秒間くらい止まる感じなので、寝る時にも最適です。

デザインがとにかく良い

私がこの扇風機を購入した2番目のポイントが、デザインです。とにかく美しい!

プラスマイナスゼロの扇風機の全体写真7

部屋の壁紙が白なのですが、全体に溶け込んでしっかりとマッチしてくれます。

簡単に分解できる

扇風機を分解したときの写真
分解には1分もかかりません。工具も何も使用せずに分解・組み立て出来ます。

扇風機は使っていると、どうしても羽根にホコリがつきますが、分解が簡単なので掃除も気軽にやりやすいです。

分解後の本体は、13cm幅の大きさですので使わない時期も収納にスッポリと収まってくれます。

リモコン電池の持ちが良い

ペンと比較した扇風機のリモコン写真

5年前の購入時に付属していたボタン型電池「CR2032」を新しく変えることなく、そのまま使用できています。

私がそれほどリモコンを使用しない、分解して収納している時はリモコンから電池を抜いているということも一因としてあるかと思いますが、それにしても電池持ちが非常に良いです。

音が静か

私の主観ですが、羽根やモーター音は使っていて全く気になりません。強風にしてもガタツキなどは一切ありません。

デメリット

私が感じるデメリットは、多少値が張る扇風機という点だけです。

まとめ

  • 微風が機能する
  • デザインがとにかくよい

という点が特に気に入っています。

実は前の扇風機は壊れたわけではなかったんですね。ただ使っていること自体がストレスになるような扇風機だったので買い替えましたが、正解だったと思います。プラスマイナスゼロの扇風機は、5年使っても壊れることなく動いてくれています。

私自身自宅でクーラーをつけっぱなしにすると体がだるくなってしまうので、この夏もこの扇風機に活躍してもらいます。

スポンサーリンク

-買って良かったグッズ